【トラブルをすぐに解決】刑事事件は専門の弁護士事務所に相談しよう

Menu

税理士に相談しよう

会社

法人も保険を見直そう

法人は社団法人や財団法人以外の一般事業会社であれば、営業活動の結果利益が出れば法人税を支払う必要があります。この法人税は会社の事業規模や利益額によって大きく異なりますが、利益に対して税金を支払う事自体に変わりはありません。近年は法人は税金を払うよりも内部留保を厚くして経営環境が悪化した場合に備える等の準備を行いたい意向が強く、また日本の法人税率は世界と比較しても高い事から節税のニーズが高くあります。節税の方法は多々ありますが、顧問税理士を雇うまたは税理士法人にコンサルティングを依頼するなど、節税に対して具体的な動きを見せる法人も多くあります。節税ニーズは内部留保を厚くし企業体力を増加させる以外にも退職金支払いや設備投資の為にも資金を手元に残しておきたい意向があります。少なくとも法人税が今後下がる傾向にある中で、現在税金を払うよりも数年でも繰り延べて支払う事で節税効果がある事は間違いありません。節税には様々な方法があります。設備投資や車の購入、備品の購入、退職金支払い、太陽光や航空機リース等ありますが、最も手軽に出来る手段の1つとして生命保険があげられます。保険では支払い保険料の全額や一部が損金として処理できる事から利用ニーズは高いですが、税理士が保険代理店業務を行っている事も多く、特にこの保険を活用した節税対策は利用している法人が多いと言えます。税理士によっても節税方法は様々なので比較してみる事も大切です。

Copyright© 2017 【トラブルをすぐに解決】刑事事件は専門の弁護士事務所に相談しよう All Rights Reserved.